落語会レポート 立川志ら鈴・志ら門「二ツ目昇進トライアル」志らく講評に思うこと 20170326

お招きをいただいて、立川志ら鈴さん・志ら門さんの二ツ目トライアル興行にうかがった。二人は後輩のうおるたーさんと共に電撃座で「立川さんちの喫茶★ゼンザ」という勉強会を毎月開いてくれている。応援のつもりで駆けつけたところ、広小路亭はすでにほぼ満席状態だった。 ご存知の方が多いと思うが、落語立川流の二ツ目昇進には噺を五十席、講釈の修羅場(ひらば)とし...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 「僕らはすべてをノートにつける」

杉江松恋不善閑居 「僕らはすべてをノートにつける」

大学に入る前の人間関係はほぼすべて断ち切っているのだが、唯一高校時代にわずかな縁が残っている。たぶんこれは一生のもので、よほど何かたいへんな事態が出でない限り、この縁が切れることはないだろう。自意識の最も高い、恥ずかしい時期からのつきあいである。こういうのを腐れ縁という。 ただ、その縁が切れかかった時期があった。理由は簡単で、金である。私もその...

記事を読む

川浪いずみ「本とせいかつ」#5

川浪いずみ「本とせいかつ」#5

川浪いずみといいます。百合漫画や食べ物漫画を描くのが好きです。

記事を読む

落語会レポート番外 今日まるちゃんが初めて真打になったよ 鈴々舎馬るこ真打昇進披露パーティー 20170311

落語会レポート番外 今日まるちゃんが初めて真打になったよ 鈴々舎馬るこ真打昇進披露パーティー 20170311

今週から落語協会の真打披露興行が始まっている。本来は三月二十一日の鈴本から駆けつけたかったのだけど、ゆえあってお預け状態である。新宿、浅草、いや、池袋ぐらいでなんとか。 それはともかく、鈴々舎馬るこさんの真打披露パーティーに招かれて伺ってきた。去る三月十一日のことである。実はこういう席に出るのは初めてで、どういう服装で行けばいいのか、祝儀という...

記事を読む

電撃座通信 瀧川鯉津&春風亭昇羊「コイツDEショーYO!! #5」20170322

電撃座通信 瀧川鯉津&春風亭昇羊「コイツDEショーYO!! #5」20170322

落語会でその日高座にかけられたネタを貼り出すことについての議論が昨日Twitterのタイムラインで賑やかだったようだが、それはおまけのサービスで、なければないで済むもの、という考えを私は持っている。自分が落語会にもっとも通っていた10代のころは、そういう慣習は特に無かったという記憶がある。掲示してくれれば嬉しいが、それを開催者や、まして演者に強要する...

記事を読む

電撃座通信 立川志のぽん「志のぽん名工烈伝 #5」20170321

電撃座通信 立川志のぽん「志のぽん名工烈伝 #5」20170321

筑波大学芸術学系出身(しかも修士)の立川志のぽんさんが左甚五郎伝などの噺に挑む「志のぽん江戸名工烈伝」は、電撃座ならではの他にない企画だと自負している。予告の出ているネタだけではなく、毎回他の噺にも工夫が凝らされていて、聴いていて発見があるのだ。 前回が実は演者体調不良で休演になってしまい、第五回が2017年初の公演となる。 今回の番組は...

記事を読む

電撃座通信 柳家やなぎ「よるやなぎ」20170319

電撃座通信 柳家やなぎ「よるやなぎ」20170319

 柳家やなぎさんは前回日曜夜の「ひるやなぎ」という会にご出演いただいた。お客様から好評をいただいたので再登場をお願いした。今回の題名は「よるやなぎ」、つまり同じ日曜でも夜の出番である。昼から夜に替わったことでどのような変化が会に生じたか、が見物でであった。 この日の番組は以下の通り。 肝つぶし やなぎ 仲入り お歌の時間 やなぎ ...

記事を読む

落語会レポート 大阪の地で小さな落語ファン誕生の瞬間を見てきた 20170318

落語会レポート 大阪の地で小さな落語ファン誕生の瞬間を見てきた 20170318

立川談四楼さんが大阪で独演会を開かれる、しかも企画をされたのが「オールナイトで談四楼」常連のAさんで、これが席亭デビューになる、という情報を聞いてぜひ伺いたいものだと思っていた。ちょうど別件で仕事も入り、無事に大阪入りを果たせたのである。 会場となったのは天王寺区にある銭屋ホール。先日、本年度の文部科学大臣賞芸術選奨の受賞者が発表されたが、対象...

記事を読む

電撃座通信 三遊亭歌橘「SANYUTEI KAKITSU SHOW!! 三遊亭歌橘の独演会っぽいもの」20170220

電撃座通信 三遊亭歌橘「SANYUTEI KAKITSU SHOW!! 三遊亭歌橘の独演会っぽいもの」20170220

三遊亭圓歌一門の真打・歌橘さんがこの日電撃座初出演を果たされた。 企画の目玉としてゲストに俳優の白井光浩さんを投入、トークの他になんと、落語デビューもされるのだという。白井さんといえば映画「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」における藤本輝夫、通称「城東のテル」のイメージが強烈であった。実は歌橘さんは大のビー・バップ・ファンであるという...

記事を読む

電撃座通信 三遊亭遊かり「ゆっくり遊かり #2」20170217

電撃座通信 三遊亭遊かり「ゆっくり遊かり #2」20170217

 BIRIBIRI寄席からマイクロシアター電撃座への改称は、「東京かわら版」で告知された。その発売日に掲載号を持って店を訪ねてきたのが三遊亭遊かりさんだったのである。勉強会を開きたいと言って直接来てくださった第一号ということになる。女性落語家で初めて自分の会を開かれた落語家でもある。そうした形で会場と一緒に歩んでいこうと言ってくださる演者の存在は、実に心強い...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 15