杉江の読書 水生大海『最後のページをめくるまで』(双葉社)

良質のミステリー短篇集だ。水生大海『最後のページをめくるまで』(双葉社)は、著者のこれまでの著作中でもかなり上位に来る作品である。印象的な題名は、全五篇が終わり近くに衝撃的な展開を準備しているとの宣言だろう。ページレイアウトもそれを意識した形であり、単行本になって「小説推理」掲載時よりも興趣は増したと私は感じた。 巻頭の「使い勝手のいい女」は『...

記事を読む

杉江の読書 田中兆子『私のことならほっといて』(新潮社)

杉江の読書 田中兆子『私のことならほっといて』(新潮社)

2018年に読んだ短篇の中でぐっときたものの一つに、田中兆子「私のことならほっといて」がある。「働く妻にとても理解がある」が「僕は君より五倍稼いでるんだよ。だから家事は君の担当」と平然と言うような夫に内心嫌気が指している女性が夢の中で出会った男との情事に溺れ、ついにはそのために極端な行動に出てしまう、という話だった。根底に女性の生きづらさという重い主...

記事を読む

川浪いずみ「本とせいかつ」#23

川浪いずみ「本とせいかつ」#23

記事を読む

杉江松恋不善閑居 2019年6月~7月の浪曲鑑賞記録

杉江松恋不善閑居 2019年6月~7月の浪曲鑑賞記録

ゆえあって最近、再入門のつもりでまとめて浪曲を聴いている。記録をつけていて、6月から7月にかけては14公演に足を運んでいた。うち、1日で2公演行っているところがいくつかある。最も衝撃を受けたのは、7月9日に聴いた、京山幸枝若「尾張大八」だった。あれを10代とか20代のうちき聴いていたら、たまらなくなって弟子入りしていたかもしれない。それくらいびっくり...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年8月・白楽「相原書店」「小山書店」「古書鐡塔書院」

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年8月・白楽「相原書店」「小山書店」「古書鐡塔書院」

8月某日。 反町の神奈川古書会館を出て、さあ、もう少し歩くか、とやる気が出てきた。三時間ほど前に湯河原でリゾートマンションから駅まで歩いたときはわずか10分であごが出たのだが、日も落ちてきたし、前途に古本屋があると思うと力も湧いてくる。ここは横浜市神奈川区で、東横線がすぐ東側を走っている。疲れてしまってどうにもならなくなったら、駅に方向...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年8月・神奈川県古書会館「反町古書会館展」

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年8月・神奈川県古書会館「反町古書会館展」

8月某日 一泊二日で湯河原まで行ってきた。花火大会を海辺のリゾートマンションの最上階から見物しよう、という企画があって、PTA会長同期で集まったのである。私がPTAの会長を辞したのは2011年3月のことだから、もう8年前だ。同期の会長連もみんなそれぞれ年をとって、自分の健康だとか、親の介護といった話題が多くなってきている。だが、まだ人生...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年7月・五反田游古会「南部古書会館」

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年7月・五反田游古会「南部古書会館」

7月某日 日本の古本屋のページを開くと「古本まつりに行こう」というコーナーがある。そこを毎日チェックするのが諸姉諸兄の日課になっていると思うのだがどうか。 古本まつりといっても一様ではなく、相性の良し悪しというものがある。私の場合、もっとも相性がいいのが品川区の南部古書会館で開かれる五反田游古会で、いつも何かしらの発見があるのであ...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年4月・磐田「武蔵野書店」「山田書房」

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年4月・磐田「武蔵野書店」「山田書房」

4月某日 東海道二十八番目の宿である見附は丘陵の上にある。おそらく、かつては今よりも内陸部まで海岸線が入りこんでいたのではないだろうか。宿場からJR磐田駅に向かって下っていく坂道は、今は磐田ジュビロードと名付けられている。市街地の中心部にこれほど真っ直ぐな急坂がある街というのも珍しいのではないだろうか。 旧東海道を袋井方面...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年3月・袋井「ブックスハタ」

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年3月・袋井「ブックスハタ」

3月某日 そういえば、東海道再訪の記事が蒲原で止まってしまっていた。ちゃんとその後も歩いていて、現在は愛知県の二川宿まで到達している。そのことは追々書くことにして、漏れていた古本屋の話題に先に触れておきたい。 東海道のちょうど中間、27番目の袋井宿を訪れたのは2019年の4月1日のことだった。そこで年号が「令和」に替わるというニュ...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年7月・磐田「山田書房」と沼津「平松書店」

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2019年7月・磐田「山田書房」と沼津「平松書店」

7月某日。 この日はまだ青春18きっぷの期間には入っていなかったのだが、所用があって静岡県まで来ていたのであった。友人が引っ越したので、そのお祝いを兼ねて遊びに来たのである。目的地は磐田市なので、一人であれば間違いなく、沼津~清水~草薙~静岡~袋井と続く古本屋行脚の日程を組むが、珍しく三人旅なので自重。三島から沼津までちょっとだけ歩いて...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 54