落語会レポート 新宿末廣亭8月下席で自由闊達な79歳にうっとり。

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

新宿末廣亭八月下席 20160826

8月に入ってから1回も寄席に行けてなかったので、仕事の切れ目を見つけて強引に昼席に出かけた。前座の途中から間に合って、そのまま4時間半を桟敷席で楽しんだ。時間あたりの単価に直すと安いものだと思う。予告の出ていた五明楼玉の輔は春風亭勢朝、桃月庵白酒は隅田川馬石とそれぞれ代演が出た。白酒さんは新刊が出たこともあってぜひ聴きたかったのだが、残念。しかしまたすぐに機会は見つかるだろう。

本日の番組。

開口一番 橘家門朗(文左衛門門下) 饅頭怖い

たらちね 入船亭遊京

漫才 ニックス

寄合酒 柳家喬之助

湯屋番 橘家圓十郎

奇術 マギー隆司

芸談あれこれ 柳家さん吉

強情灸 古今亭菊寿

漫才 ホンキートンク

権兵衛狸 金原亭馬の助

あくび指南 金原亭伯楽

紙切り 林家正楽

黄金の大黒 柳家権太楼

仲入り

袈裟御前 春風亭勢朝

漫才 ロケット団

堀の内 隅田川馬石

締め込み 橘家圓太郎

粋曲 柳家小菊

麻のれん 入船亭扇辰

2016-08-26 16.38.10 HDR「さっき楽屋入りしたばかりでまだ根多帳も見てない」と言いながら現れた扇辰は、なんと高座で根多帳を繰り出した。お客さんへのサービスもあるのだろうが、目の前で根多が決められていくというなかなかにスリリングな体験である。その根多帳にさん吉の高座はなんと記されていたのだろうか。柳家小さん一門を中心にした芸人あれこれなのだが、途中で末廣亭のパンフレットを取り出して(しかも風で飛ばされそうになった)、広告を出している店についてのお勧めを語り出したもので、私の横のお客さんが唖然としていた。自由でいいなあ。ひさしぶりにお姿を拝見したが、もう79歳なのだとか。本日のお目当ては扇辰、白酒、そして交互出演のさん吉・歌笑で、このベテランお二人はどっちに当たってもよかった。満足である。

次に末廣亭に行くのは31日の余一会になりそうだ。ひさしぶりに立川流の一門会なのである。夜席は売り切れて当日券のみになっていたが、昼席はまだあった。昼夜ともに休演がすでに出ているが、それでも楽しみである。

スポンサーリンク

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク