杉江松恋不善閑居 浅草木馬亭十一月公演初日

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

某月某日

十月はもろもろあって更新できずにいるうちにまた木馬亭定期公演が始まってしまった。十一月の初日は天中軒雲月がトリ。一も二もなく浅草に駆けつける。

伊東の恋の物語 天中軒すみれ・沢村さくら

甚五郎旅日記京都の巻 富士綾那・水乃金魚

俵星玄蕃 真山隼人・沢村さくら

蝶々夫人 澤順子・伊丹秀敏

仲入り

赤穂義士伝 安兵衛婿入り 花渡家ちとせ・水乃金魚

難波戦記 長門守木村重成の最期 神田阿久鯉

真柄のお秀 玉川福助・水乃金魚

佐倉義民伝宗五郎妻子別れ 天中軒雲月・伊丹秀敏

「宗五郎子別れ」は雲月さんがご体調を悪くされて休まれる前、最後に聴いた読み物だ。回復の度合いが判る素晴らしい出来。伊丹秀敏さんと組まれるのは久しぶりに聴いたが、名曲師との呼吸も小気味よく合っていた。この日前半のお目当ては来京していた真山隼人さんだったが「俵星玄蕃」は風格さえ漂う出来で、零落し、失意の日々を送る玄蕃が杉野十平次との出会いで蘇生し、討ち入りに助太刀することを気持ちの支えとして日々を送るようになる心情が、演者の姿から伝わってくる。節だけではなく啖呵にも拍手が湧きおこったのは、それが単なる台詞ではなくて、リズムを持った浪曲の一部であることが観客にも理解できたからだろう。この若さでこの完成度というのは本当に末恐ろしい。

後半のお目当ては神田阿久鯉さんで、「長門守木村重成の最後」は先日日本講談協会の定席でトリを取った際の読み物。講談目当てではない観客の心を見事に奪い、妻との別れから出陣への場面では場内が水を打ったような静寂に包まれた。持ち時間を七分ほどはみ出しての大熱演である。

スポンサーリンク

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク