bookaholic認定2020年度国内ミステリー・ベスト10発表!

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

すでにyoutube上では公開しております通り、毎年恒例のbookaholic認定ランキングを発表しました。

これは千街晶之・若林踏・杉江松恋のミステリー評論・書評家3名がそれぞれ高く評価する作品10作ずつを持ち寄って相互に点をつけあい、順位を決定するものです。投票ですべてを決めるのではなく、最終候補作を絞り込んでからは議論で順位をつけていく、現在日本では唯一の年間ミステリー・ランキングです。10位及び次点までの順位は以下の通り。それ以外の候補作についてはリンク先をご覧ください。

議論の模様についてはyoutubeでどなたもご覧になれます。どうぞ読書の参考としてお使いくださいませ。

1位:『うるはしみにくし、あなたのともだち』澤村伊智(双葉社)

2位:『透明人間は密室に潜む』阿津川辰海(光文社)

3位:『ババヤガの夜』王谷晶(河出書房新社)

4位:『たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説』辻真先(東京創元社)

5位:『蝉かえる』櫻田智也(東京創元社)

6位:『ノッキンオン・ロックドドア2』青崎有吾(徳間書店)

7位:『楽園とは探偵の不在なり』斜線堂有紀(早川書房)

8位:『法廷遊戯』五十嵐律人(講談社)

9位:『抵抗都市』佐々木譲(集英社)

10位:『海神の島』池上永一(中央公論新社)

次点:『探偵は御簾の中 検非違使と奥様の平安事件簿』汀こるもの(講談社タイガ)

bookaholic認定2020年度翻訳ミステリーベスト10結果発表!

スポンサーリンク

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク