リモート収録してみました。 bookaholic認定2020年度翻訳ミステリーベスト10動画公開しています。

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ようやく、去年の宿題が終わりました。

翻訳マン1号・川出正樹と翻訳マン2号・杉江松恋が議論で決定する「bookaholic認定2020年度翻訳ミステリーベスト10」が動画リンクの通り決定しました。どうぞご覧ください。結果については、ご自由にSNSなどで書いてくださって結構ですが、その際はこのページか、もしくは結果発表をしているyoutubeのURLのいずれかを貼っていただけますと幸いです。twitterでは「#bookaholic認定ベスト10」のタグを使用しています。

通常の「翻訳メ~ン」もずっとお休みしてしまってすみません。なんとかまた更新復活できればと思っていますが、もう少々お待ちください。

候補作一覧

あの本は読まれているか ラーラ・プレスコット 東京創元社
おれの眼を撃ったやつは死んだ シャネル・ベンツ 東京創元社
影を呑んだ少女 フランシス・ハーディング 東京創元社
カメレオンの影 ミネット・ウォルターズ 創元推理文庫
警部ヴィスティング カタリナ・コード ヨルン・リーエルホルスト 小学館文庫
ザリガニの鳴くところ ディーリア・オーエンズ 早川書房
三分間の空隙 アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム ハヤカワ・ミステリ文庫
時間旅行者のキャンディ・ボックス ケイト・マスカレナス 創元SF文庫
その裁きは死 アンソニー・ホロヴィッツ 創元推理文庫
時計仕掛けの歪んだ罠 アルネ・ダール 小学館文庫
念入りに殺された男 エルザ・マルポ ハヤカワ・ミステリ
パリのアパルトマン ギョーム・ミュッソ 集英社文庫
魔女の組曲 ベルナール・ミニエ ハーパーBOOKS
指差す標識の事例 イーアン・ベアーズ 創元推理文庫
笑う死体 ジョゼフ・ノックス 新潮文庫
スポンサーリンク

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク