不善閑居 一覧

杉江松恋不善閑居 木村勝千代独演会「木村派の連続読みを聴きたい!」開催のお知らせ

ここ2年ばかり、暇を見つけて浪曲ばかり聴いていたのですが、思い切って自分でも浪曲会の開催お手伝いをしてみることにしました。 浪曲師木村勝千代さん、曲師沢村豊子さんによる「慶安太平記」連続読みの会です。「慶安太平記」とは、由比正雪による天下簒奪の陰謀を描いた大パノラマ劇。大正年間に人気絶頂であった初代木村重松の十八番です。吉川小繁と名乗っていたこ...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 私には二種類の兄さん/姉さんがいる

杉江松恋不善閑居 私には二種類の兄さん/姉さんがいる

年長者、その道の先達からは得るものが大きい。しかし、だからといって理不尽な仕打ちを我慢する必要はない。 徒弟制度の中にいるわけではなく、ましてや個々人が独立して生活することが当たり前の時代なのだから、不要になった人間関係はどんどん捨てていってかまわないと思う。 実感として書くが、四十を過ぎてからこのかたは、年長者よりもむしろ自分よりも若い...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 仏の顔は二度まで、で十分な人づきあい。

杉江松恋不善閑居 仏の顔は二度まで、で十分な人づきあい。

個人の考えがあるにはあるけど、その元になっているのはほとんどどこかで覚えてきたことで、自分だけでそこに至ったものはまずない。 そんな風に思うようになっていたので、若いうちから目上の人の話は素直に聞いていた。さすが長く生きてきただけあって、受け止めるに値するものが何かある。なので機会があれば年長者の言うことには耳を傾けるようにしていたのである。も...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 自分の中にあるのはすべて貰い物だ

杉江松恋不善閑居 自分の中にあるのはすべて貰い物だ

杉江松恋というのは商標であり、それ以上の意味はないということを書いた。 自分の名前にはほとんど拘らないのだが、他人のそれには敬意をもって接している。 その最たるものは寄席芸人のお名前だ。特に講談、落語、浪曲のそれは襲名の制度があるように、伝統を受け継いだものが少なくない。一代きりのお名前でも、師匠との関係で成立している場合が多い。先代の古...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 自分の体面にこだわるのは意味がない

杉江松恋不善閑居 自分の体面にこだわるのは意味がない

私の筆名は、英語表記では「Sugie McKoy」が正式である。Mcというのはスコットランドやアイルランドの姓につく接頭語で、ゲール語の息子を意味する言葉が起源らしい。Ed McBainなどの好きな作家にそういう名前が多かったので筆名を作るときにつけられたらつけようと思っていた。マッコイという名前はMcCoyと書くほうが一般的なのだが、正式な英語名で...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 わかりませんと言って恥をかくべきだ

杉江松恋不善閑居 わかりませんと言って恥をかくべきだ

両論併記などでごまかさず、自分の意見をはっきりさせなければならない。 前回そう書いたことと正反対のことを言うようなのだが、世の中のことに対してなんでも意見を表明すればいいというものではない。 自分ではわかっているつもりでも、実は浅くしか理解できていないということがいくらでもあるからだ。というか、わかっていることのほうがどう考えても少ないだ...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 相対主義という迷惑な寝言をまき散らさない

杉江松恋不善閑居 相対主義という迷惑な寝言をまき散らさない

類推と置換によって自分の中におかしな考えが忍び込むのを防ぐという手法を、運よく思いつくことができた。そのことを昨日書いた。 運よく、と書いたのは本音以外の何でもなく、唐突に降ってきた考えだったからだ。つきつめていろいろ考えた結果ではなく、犬も当たれば棒に当たる式の思いつきなので、そこにたどりついたのは運というしかない。もしかすると、もっと気持ち...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 類推と置換で歪んだ考えを排除していく

杉江松恋不善閑居 類推と置換で歪んだ考えを排除していく

自分があまりにも空っぽなので中身を詰め直そうと思ったことを書いた。 この一連の文章は思い出した順番で書いているので、話があっちに行ったりこっちに来たりするし、実用書の目次みたいに理路整然とした並びにならないので、そこは大目に見ていただきたい。 さて、自分の中身を再充填するに当たって、気をつけたことがいくつかある。 その一つが...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 自分にできることだけで食っていこうと考える

杉江松恋不善閑居 自分にできることだけで食っていこうと考える

自分の中で疑わしいものは使わないで、これならなんとかなる、というものだけで勝負をしていく。 偉そうに書いているが、私はずっと自分がないままで生きていたし、無から無を作り出すようなことをして食べていた。 とは言うものの、自分にできることを見極めるという営業方針だけは、かなり早い時期に決めていたのである。付け焼刃は剥げやすいと...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 要らない自分をどんどん捨てる

杉江松恋不善閑居 要らない自分をどんどん捨てる

大人は誰のことも100%は好きになれない。 もし100%ゆだねられると思い込んでいるなら、何か見なければならないことから目を逸らしている。 そんな風に考えるようになったのはやはりある程度馬齢を重ねてからで、成人したてのころはもうちょっと世界を単純に考えていたように思う。好きな人と嫌いな人がいる、くらいの線引きで。個体主義というか整数主義と...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 16