不善閑居 一覧

杉江松恋不善閑居 第18回本格ミステリ大賞贈賞式

6月23日は第18回本格ミステリ大賞の贈賞式及び祝賀会であった。 今回の受賞者は小説部門が『屍人館の殺人』(東京創元社)の今村昌弘氏、評論部門が『本格ミステリ戯作三昧』(南雲堂)の飯城裕三氏である。私はここ10年ぐらい式の司会を本格ミステリ作家クラブから仰せつかっているので、この日もその任に就いていた。 初めに太田忠司事務局長から選考過程について...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 今夜本格ミステリ大賞のパーティにでかけるの?

杉江松恋不善閑居 今夜本格ミステリ大賞のパーティにでかけるの?

昨日遅くまで本を読んでいたので、寝坊してしまった。それでも食事はしなければならない。投薬の都合もあるので。 本日食べたものはこんな感じ。 朝、昨日の余り物の汁にもずくを入れたもの。ヨーグルト(ジャージーのやつ)200グラム。 昼、子供といっしょに西瓜を1/8個。ゆで卵1つ。 このあと夜は本格ミステリ大賞贈賞式及び祝賀会なのである。私は...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 ヨーグルトを食べる

杉江松恋不善閑居 ヨーグルトを食べる

1日に200グラムのヨーグルトを食べなければならない。 糖尿病改善のための栄養指導では、主食・蛋白質・油分といったように食品を分類し、それを決まった量摂るようになっている。体重などによって違いはあるが、乳製品ならヨーグルトで200グラムである。 以前にも栄養指導を受けていたことがあって、そのときも1日200グラムのヨーグルトを食べていた。言うまで...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 世の中でいちばん食いたいもの

杉江松恋不善閑居 世の中でいちばん食いたいもの

相変わらずの療養生活を送っている。 といっても糖尿病患者として血糖値を抑えるようにし、体重が増えないように気遣いながら日々そろそろと暮らしているだけである。 相変わらず悩まされているのが何度も書いている視界不良、そしてインクレチン注射の副作用による、食後の吐き気だ。前者については日光をあまり浴びないように気をつけたり、長風呂を我慢したりすれば発症...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 色眼鏡で見る

杉江松恋不善閑居 色眼鏡で見る

昨日も書いたが、やはり日光と気温が現在の大敵になっているようで、強い陽射しの下にしばらくいると目眩がしてくる。このありがたくない視界不良問題についてはいろいろ調べてみたが、やはり起立性低血圧から来るものではないかという気がする。 起立性低血圧は要するに直立した状態で脳に血がいかなくなる現象なので、頭を高くしない、血液のポンプ能力を高める...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 バイアグラよ!

杉江松恋不善閑居 バイアグラよ!

退院後の日々について。 前に書いたとおり、蜂窩織炎で急遽入院し、退院後は再発予防のため血糖値を下げるための静養生活を送っている。本日で断酒して26日目である。ああ、飲まなくても平気なんだなあ、毎日飲んでいたのは単なる習慣だったんだなあ、と毎夜思う。 そういう意味では健康でいいのだが、どういうわけだか目眩に悩まされている。 どうも立ち眩みがす...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 デブをやめろ!

杉江松恋不善閑居 デブをやめろ!

前に書いたとおり、5月21日(月)に入院して30日に退院した。といっても快癒したわけではなく、自宅安静の状況である。昨日診察してもらったところ、6月8日(金)にもう一度診て、問題なければ以降は通院は必要ないとのことで、リハビリだと思ってそれまでは頑張るように、と申し渡された。何をがんばるのかというと、自宅で安静にするのを、である。したがって6月の前半は外に出...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 退院のご報告

杉江松恋不善閑居 退院のご報告

以前ここに書いたとおり、蜂窩織炎のため某所に入院しておりましたが、昨日退院しました。といっても快癒したわけではなく、患部を保護しながら自宅安静ということになります。心づもりとしては6月上旬までは外出も通院や必要最小限の用事に留めて自宅静養、中旬以降そろそろと表を歩き出す、というような予定にしております。こちらも週二回の通院で医師の指示を受けて決めることなので...

記事を読む

杉江松恋不善閑居 ちょっとしたご報告

杉江松恋不善閑居 ちょっとしたご報告

SNSのほうでは毎日状況報告をしているので改めてやらないでも、と思ったのですが、昨日意外な人に情報が届いていないことがわかったので、念のために書いておきます。 ただいま、杉江松恋は都内某所にて入院しております。以下、簡単にその経緯をば。 5月18日にWEB本の雑誌に原稿を送ったあと、都内のちょっとした集まりに顔を出しました。帰宅したのは日付も変わ...

記事を読む

NO IMAGE

杉江松恋不善閑居 原稿が書けないときにしなければいけないこと・後編

(承前) 眼を開いた。 パソコンの画面が暗くなっている。 動作を復帰させて時刻を確かめた。それほど長くはないが、やはり数分は眠っていたようだ。 午前中に一本、午後にもう一本。 二本書けばなんとかなる。 そう思ったとたんにメールソフトを開いていた。 来ていたメールに言い訳を返す。さっきの原稿についてはまだ返信がない。 ...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4