歩くもの 一覧

街てくてく~2018年の松本古本屋歩き

所用があって長野県の松本市まで行ってきた。 先月末に10日間ほど入院して以来ずっと引きこもって生活をしていたので、初の遠出である。用事そのものはすぐに終わった。空いた時間を使って松本市内の古本屋を回って来たのだが、わずか4kmも歩かないうちに例の視界不良になり、同行していた子供に助けてもらう羽目になった。 情けない。箱根から三島まで、一日に36k...

記事を読む

街てくてく~東海道・岡部宿の赤いアレ

街てくてく~東海道・岡部宿の赤いアレ

街道歩きの楽しみは、街の景色が移り変わるところにある。 家を中心にして周辺を散歩するのは定点観測である。気が付かないうちに店が入れ替わっていたことに驚き、街路樹についたつぼみが次第にほころんでいくのを幾度も足を運んで見守る。それに対して街道歩きでは、通り過ぎていく街の眺めに興趣がある。たいていの街路は平凡で、どこも同じに見える。しかし、よく目を凝らして...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールvol.3(日光御成道その2)

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールvol.3(日光御成道その2)

徳川将軍家のお墓参り専用・日光御成道を行くウォーキングの第二回は、2017年11月5日に決行した。前回のゴール、埼玉高速鉄道・川口元郷駅から出発である。  前にも書いたとおり、現在の日光御成道は、川口市内では国道122号を歩くことになる。車線が多く、歩道も広いことから歩きやすいのだが、退屈でもある。川口元郷を出てすぐ右に見えるのが旧田中家住宅、...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールvol.2(日光御成道その1)

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールvol.2(日光御成道その1)

2017年10月26日、日光御成道を歩いてみようと思いついた。 日光街道、または日光道中は数年前に踏破している。東京都中央区の日本橋から栃木県日光市の東照宮に至る、全長140㎞の街道だ。東照宮に至るものは他にもあり、一つは日光例幣使街道である。これは京の御所から東照宮に定期的に派遣されていた例幣使が通った道で、中山道から群馬県の高崎市で分岐する...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールvol.1

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールvol.1

(前回の街てくてくはこちら) おっとっと。 bookaholicの開設記念に趣味の街歩きについて書こうとしていたのだった。「街てくてく」というのはつまり私がいちばん好きなこと、気ままに街を歩いて疲れるまで歩いて、それ以上歩けなくなったら銭湯にでも入って体をほぐして、近くに古本屋があったら寄って、余力があったらビールでも飲みましょう、という暇つぶし...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールEXTRA5

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールEXTRA5

8月18日。台湾五日目、帰国予定日である。といっても飛行機が飛ぶのは21時近くだから、まるまる一日空いている。LCCを利用したので、羽田空港発着でお安い代わりに便が全部遅い時間なのだ。 この日は妻と相談して、別行動にさせてもらった。台北市内には日本の秋葉原よろしくアニメや漫画関連のグッズを売っているショップが密集している地域がある。数年前に来た...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールEXTRA4

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールEXTRA4

台湾滞在も四日目に入った。8月17日である。 妻は見逃した場所もあるとかで北投散策に出かけていったが、私と子供は惰眠をむさぼる。昼近くにチェックアウトできるホテルなのである。大浴場もあり、貸し切り状態だったのでゆっくりつかったあとで、敷きっぱなしの布団でゆっくり眠った。温泉旅館に来たら、せかせかせずに休養しなくちゃね。 ホテルを出てMRT...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールEXTRA3

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールEXTRA3

台湾滞在三日目の8月16日である。 台南を離れ高速鉄道で北上する。台北駅までは1時間40分、そこからMRTの淡水信義線で約20分、北投駅で降りて新北投線に乗り換え、6分ほどで終点の新北投駅に着く。 北投は清朝末期にドイツ人によって有望な源泉ありと見出され、その後の日本統治期間に保養地として開発された観光地である。地熱谷という源泉か...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールEXTRA2

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールEXTRA2

明けて8月15日、台湾滞在の二日目である。まだ台南市にいて、同じホテルに滞在中なのだ。朝食は10分ほど歩いたところにある店で。昨日も食べたサバヒーという魚を載せた粥が名物で、大豆から作ったと思しき辛い調味料を入れると非常においしい。朝から何杯でもおかわりできそうな粥だ。 昼から近くの安平という町を訪ねようということになっていた。台湾は17世紀か...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールEXTRA.1

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビールEXTRA.1

こんばんは、杉江松恋です。 bookaholicは一年近く前から相談をして、準備を進めていたのだけど、偶然に偶然が重なって、結局今日の試験公開ということになりました。準備期間も長かったことだし、焦らずにいろいろ更新していきますので、どうぞ気長におつきあいください。 さて、街てくてくだ。 前回の続きで東海道歩きのことを書きたいのだが、...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2