歩くもの 一覧

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール番外・赤旗連載「通勤型街道歩き」その2

十返舎一九『東海道中膝栗毛』は京都ではなく伊勢神宮に向かう話である。伊勢参りは、誰もが一度はしてみたい夢の旅だった。 私が一度目の東海道踏破を終えたのは、伊勢神宮と出雲大社の式年遷宮が60年ぶりに重なるという珍しい年であった。これは呼ばれているとしか思えず、2013年秋、私は伊勢街道を目指した。東海道四日市宿から三重県を南下していく約70kmの...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール番外・赤旗連載「通勤型街道歩き」1

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール番外・赤旗連載「通勤型街道歩き」1

小学生のとき、寝台特急さくらに乗った。真夜中に目が覚めて窓外を見たら、そこに家並みがあり、そんな時刻なのにいくつかの家には明かりがついていた。 当たり前だが、人が住んでいる、と思ったのである。日本中すべての土地に人が住んでいて、それぞれの暮らしをしている。それを全部訪ねてまわりたい、と思った。変な小学生だ。 7年前、縁があって同業の藤田香...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2018年10月「水曜どうでしょう」東京2泊3日70km追撃・その2

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2018年10月「水曜どうでしょう」東京2泊3日70km追撃・その2

「水曜どうでしょう」の企画、「東京2泊3日70km」の行程を自分でも歩いて追跡してみようと思い立ち、起点である羽田空港国内線第2ターミナルから第1の目的地である田園調布へ向けて出発した(前回はこちら)。どうでしょう班は田園調布を通過後、1泊目の宿泊地を品川プリンスホテルに定め、中原街道を延々と北上していった。録画を見ると、中原街道沿いに雪が谷大塚の歩...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2018年10月「水曜どうでしょう」東京2泊3日70km追撃その1

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2018年10月「水曜どうでしょう」東京2泊3日70km追撃その1

北海道テレビ(HTB)制作の「水曜どうでしょう」のことを最近ずっと考えている。別途そのわけは書くつもりなのだが、今日は「街てくてく」絡みの話である。 「どうでしょう」は大泉洋にたいへんなことをさせてそのリアクションを見せる、という流れを企画の入口にしている。必ずしも「たいへんなこと」が番組の主眼ではなくて、その企画をやっているうちに大のおとなが...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2018年10月、池袋西口・夏目書房

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2018年10月、池袋西口・夏目書房

翻訳マン1号・川出正樹と翻訳マン2号・杉江松恋がお届けしているトーク配信「翻訳メ~ン」、もうお聴きいただけただろうか。 この配信、都内の貸し会議室を転々として収録しているのだが、ここ2回は豊島区某所でやっている。けっこう使い勝手がいいので、固定でここにするかも。 今回の収録は前週末に行ったのだが、その直前にとんでもない知らせが飛び込んでき...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2017年10月東海道再訪その6 富士駅~蒲原

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2017年10月東海道再訪その6 富士駅~蒲原

2017年10月4日午後6時の私はJR東海道線の富士駅前にいた。 前回の続きで東海道を歩くためだ。二度目の東海道行で、初めての泊まりがけである。東海道を何回かに分割して歩こうとすると、調整に苦労する場所がいくつかある。前回の小田原~三島間がその一つで、箱根で宿泊したくなければ無理をして一日で山を越える必要がある。箱根を西側に下りたあとも...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2017年6月東海道再訪その5 三島~吉原、富士駅

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2017年6月東海道再訪その5 三島~吉原、富士駅

古本屋巡り、という点では三島には苦い思い出がある。三島の市街地に唯一残っていた個人経営の古本屋、北山書店にわずかの時間差で間に合わず、訪問しそこねたからだ。 藤田香織氏との共著『東海道でしょう!』によれば、最初の東海道踏破の旅で二回三島宿に滞在している。一度目は大磯~原間を歩いたときだ。東海道ビギナーだった我々は、その時点で箱根を越える自信がな...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2017年5月東海道再訪その4の下 箱根~三島

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2017年5月東海道再訪その4の下 箱根~三島

南関東の住人は、子供のころに一度は箱根に来ている。芦ノ湖で遊覧船に乗ったり、大涌谷で黒玉子を作って食べたり。私も多摩の子としてご多分に漏れず箱根で遊んだ記憶を持つ身なのだが、前回の『東海道でしょう!』旅行の際にもっとも驚いたのは、箱根関所が記憶の場所になく、展示内容もまったく違っていたことだった。実は私が子供のころに見ていた関所はなんらかの事情で史実...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2017年5月東海道再訪その4の上・箱根

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2017年5月東海道再訪その4の上・箱根

さて、いよいよ箱根越えである。 前回、箱根湯本まで歩を進め、後は山に登って降るだけ、という状況にしてから半年が過ぎた。決行したのは年が明けた二〇一七年五月十六日のことである。箱根は冬に登れるほどに緩やかな山ではない。いや、駅伝の人はどうだ、とは言わない約束である。駅伝の人になれるくらいなら、もう東海道を三往復ぐらいはしているであろう。また、春先...

記事を読む

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2016年10月東海道再訪その3 平塚宿~箱根湯本駅

街てくてく~古本屋と銭湯、ときどきビール 2016年10月東海道再訪その3 平塚宿~箱根湯本駅

前回までのあらすじ。 ラーメン二郎、光書房、冨士見湯というあまりにも強力な三連攻撃のためにいったんは挫折した杉江松恋であったが、藤沢~平塚間を改めて歩き、なんとか元通りの工程に戻すことに成功したのであった。 二〇一一年の初歩きよりは自分の足が進化したことを証明すべく再び始めた東海道行、二回目にして早くも「限界まで長く歩く」という当初の目的...

記事を読む

スポンサーリンク
1 6 7 8 9 10 11 12