これが2019年度上半期に読むべき国内ミステリーだ(下北沢B&Bイベント総括)

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

魔眼の匣の殺人昨日がなければ明日もない

2019年6月29日(土)、いつもお世話になっている下北沢の書店B&Bさんで、「2019年度上期ミステリー総括(国内編)」のトークイベントが開催されました。鼎談に参加したのはYouTube番組「ミステリちゃん」に出演している若林踏氏と杉江松恋、そして年末bookaholic認定ベスト10選考者である千街晶之氏です。

イベントではあらかじめ3名が投票したリストに基づき、下位の作品から発表していきました。10位以内についてはクロストークで紹介も。以下がそのリストです。

1 魔眼の匣の殺人 今村昌弘 東京創元社
2 昨日がなければ明日もない 宮部みゆき 文藝春秋
2 白昼夢の森の少女 恒川光太郎 KADOKAWA
4 殺人鬼がもう一人 若竹七海 光文社
4 白魔の塔 三津田信三 光文社
6 本と鍵の季節 米澤穂信 集英社
6 焼跡の二十面相 辻真先 光文社
6 魔法を召し上がれ 瀬名秀明 講談社
6 今昔百鬼拾遺 鬼 京極夏彦 講談社タイガ
10 教室が、ひとりになるまで 浅倉秋成 KADOKAWA
10 早朝始発の殺風景 青崎有吾 集英社
12 愛がこぼれるqの音色 図子慧 書苑新社
13 ゴールデン街コーリング 馳星周 KADOKAWA
14 夫の骨 矢樹純 祥伝社文庫
14 千年図書館 北山猛邦 講談社ノベルス
16 泥の銃弾 吉上亮 新潮文庫
17 むかしむかしあるところに、死体がありました。 青柳碧人 双葉社
17 傲慢と善良 辻村深月 朝日新聞出版
18 ひとんち 澤村伊智 光文社
18 予言の島 澤村伊智 KADOKAWA
21 ゆるキャラの恐怖 奥泉光 文藝春秋
21 或るエジプト十字架の謎 柄刀一 光文社

このうち3人共が票を投じたのは上位2作、宮部みゆき『昨日がなければ明日もない』と今村昌弘『魔眼の匣の殺人』でした。この2作を別格として、各人が「上半期にこれだけは読んでもらいたい一押し」を最後に選びました。それを今回の極私的ベスト3として挙げたいと思います。

千街:若竹七海『殺人鬼がもう一人』(光文社)

若林:恒川光太郎『白昼夢の森の少女』(角川書店)

杉江:浅倉秋成『教室が、ひとりになるまで』(角川書店)

討論の模様は後日YouTubeでも公開予定です。また、海外編は本日、6月30日(日)19時から、同じ下北沢B&Bで開催予定です。一部告知が間違っていましたが、19時開始が正しいので、お気をつけください。当日券でも入場可能です。今夜ぽっかり時間が空いてしまった、という方はぜひ。

詳細、ご予約はこちら。

スポンサーリンク

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク